海外エンタメジャーナル by Sam

海外ドラマが好き過ぎてエンタメ業界に入ったSamが、海ドラの感想やセレブニュースについて綴るブログです。

『グレイズ・アナトミー』シーズン14 第6話 あらすじ&感想【ネタバレ】:ボートの上で男祭り!

photo courtesy of abc 

 

グレイズ・アナトミー』シーズン14 第6話:あらすじ

腹壁移植の論文が雑誌に掲載され、メレディスの写真が表紙を飾る。DVを受けた夫に自分の所在が知れるのを恐れて論文に名前を出さなかったジョーに、優しくしてやってくれとアレックスに頼まれたメレディスは、ジョーをALPPS(アルプス)という難しい肝臓のオペの助手にする。一方、ジャクソンは祖父の多額の遺産でプレジャーボートを衝動買いし、アレックスやオーウェンらを誘ってボートでくつろぐが……。

引用:WOWOW

グレイズ・アナトミー』シーズン14 第6話:感想(ネタバレ有)

※以下、 『グレイズ・アナトミー』シーズン14 第6話のネタバレを含みます。

メレディスは医学界のスターに

メレディスが医学雑誌の表紙を飾り、注目の的に!ここまで大物になったか~。S1からのファンとしては嬉しい限り。

ヤンがいなくなってからは、すっかりメレディスがトップの座に着きましたね。

アレックスから不憫なジョーに優しくしてやってと頼まれ、メレディスジョーを助手に任命し、西海岸初となるオペを決行することに。

良いニュースの後に悪いことが起こりがちですよね。なんだかイヤな予感…。

男祭りを開催!

メレディスを祝いつつも、論文に名前を載せられない悔しさを噛みしめるジャクソン。

そこでアレックスが「俺がお前だったら今頃ここじゃなくて船にいる」と言うと(2億5千万ドル持ってますからね)・・・その場でボートを購入!

2人はウソの病欠をとり、オーウェン、ベン、デルーカも加えて船でBBQを開催することに。

男祭り、楽しそうですね~。女性が強いグレイズ・アナトミーで、男だけの集いは珍しい!

とはいえ誰も運転できないので、船を停泊したまま、誰が一番早くロープを外科結びにできるのか&サーモンをさばけるのかを競う・・・。こういう事でやたら盛り上がれるのは男性ならでは(笑)。

そんな中で、ベンは消防訓練所に願書を送り受かったことを告白。やはり、スピンオフの『Station 19』へお引越しですね。

3度目の転職なんて言われてましたが、この年で果敢にも新しいことにチャレンジしていく姿勢は尊敬に値しますわ。

ベイリーに打ち明けたら、一体どうリアクションするのか・・・。

ジョーは、夫との問題解決を決意

メレディスから妙に優しくされて不気味がる、ジョー

そのせいで、リチャードにチーフレジデントへの昇進話を打診されても、「誰かに何か言われた?」と疑念を持つ。

ステファニーがいなくなった今、アテンディングはジョーの仕事ぶりを認め始めてきましたね。

最終的には、出世話も出たし姿を隠してはいられないので、暴力夫と戦うことを決意。

そろそろ再びマシュー・モリソンが出てきますね!こちらもどうなることやら…。

アメリアは不安を乗り越え、手術を成功させる

腫瘍がなくなったアメリアは1人で手術することを恐れ、空港へ向かって帰ろうとするコラシックを引き留める。

ゴチャゴチャ言われながらも2人で手術に入り、 見事に成功。

コラシックがアメリアの腕を褒めたことで火が付いたのか、次の2人のシーンはベッドの上でした・・・無いわ。

その日の朝、オーウェンと円満に別れて家を出たばっかだったんですけどね…。

インターン歓迎会でメレディスの新たな功績を発表

リチャード&ベイリーインターンの歓迎会を開き、男祭り組も急いで病院にカムバック。

メレディスは難関な手術を無事に終えたものの、患者の容体が急変し、結果的に死なせてしまう。イヤな予感的中。

悲しみに暮れる中、パーティーに呼ばれたメレディスが会場に着くと、例の論文がハーパー・エイヴリー賞にノミネートされたというニュースを受ける。(が、もちろん喜ぶ気分ではない。)

デレクですらノミネートされたことなかったって言ってましたけど、クリスティーナはありましたよね?さ す が、ヤン…。

ジャクソンは男性陣との腕くらべが相当楽しかったらしく、ベイリーを呼び出し、遺産で得た2億5千万ドルを匿名で寄付するから外科医の研究コンテストを開くよう頼む。

なるほど、その手があったか!これでジャクソンも堂々と勝負に参加し、正当な評価を受けられますね!

デルーカにもう一波乱?

デルーカは、アリゾナの家を出てオーウェンの家に引っ越すことに決めたものの、病院で姉のカリーナとオーウェンのキスシーンを目撃。

毎回ルームメイトと姉がくっつくという不運な奴です(笑)。

また、デルーカが新インターンの一行と出くわすと、その内の1人が知り合いであることが発覚。

誰だろう?元恋人とかかしら?

今回のエピソードは、ここで終了。

 

アメリアやミーガンの問題がなくなり、やっと日常に戻りましたね。

ネイサンが消えたものの、メレディスは仕事面が軌道に乗って生き生きして見えたわ〜。良かった良かった。

グレアナはキャリアに関して男女平等に描いてるのが良いですね。(むしろ女性のが強め?)

今回は男祭りを描きつつも、メレディスの件を始め、アメリアがコラシックに自分より腕が立つと称賛されたり、ジョーの昇進話が出たりと、女性の能力の高さを示すエピソードでもありました。

ジャクソンにしろ、ベンにしろ、男性陣も負けじと行動を起こし、また物語に新たな風が吹くと思うと楽しみです^^