海外エンタメジャーナル by Sam

海外ドラマが好き過ぎてエンタメ業界に入ったSamが、海ドラの感想やセレブニュースについて綴るブログです。

『アメリカを荒らす者たち』シーズン2感想:S1よりダークかつ面白い!

アメリカを荒らす者たち』シーズン2全話、あっという間に視聴しました。

シーズン1の男性器らくがき事件から1年。今回もまた「ウン○事件」というふざけたテーマなのですが、

相変わらずのシリアスなタッチ&賢い構成で、前回よりもさらに面白くなっていました!

以下、アメリカを荒らす者たち』シーズン2の感想です。

アメリカを荒らす者たち』シーズン2:あらすじ

ワシントン州の名門校で、ウン○にまつわる事件が次々と発生。

女生徒クロエの依頼でピーターとサムが調査を始める。

容疑者として名の挙がったケヴィンは、警察からの誘導尋問を受けて自白。自宅謹慎になるが、現在は無実を主張している。

そんな中で、ピーター達の調査から新たな容疑者が浮上し、学校の内情までもどんどん明らかになっていく。

アメリカを荒らす者たち』シーズン2:感想【ネタバレ有】

まずは、ブラボー!めちゃくちゃ面白かったです。

キャストの演技も、脚本も、演出もパーフェクト!

ケヴィンのフルーツニンジャだの、ディマーカスの「全員と違う握手するんだぜ」エピソードだの、「アホだ(笑)」と思うことを、真面目なドキュメンタリーを通して見るのが可笑しくて仕方ありませんでした。

しかしジョークを取り入れながらも、一貫してトーンはシリアス。それが本作のユニークなところなんですよねえ。

アメリカの高校生活とソーシャルメディアの闇にメスを入れ、前回よりもダークな仕上がりとなっています。

警察の誘導尋問&学校側の隠ぺいがヒドイ

警察がケヴィンへ自白を誘導するシーンは、『殺人者への道』を彷彿とさせるほどリアルでした。(内容は「どうやってウン○を仕込んだか?」ですけど。笑)

また、学校側もケヴィンを犯人に仕立て上げ、彼を擁護するクロエに対して脅しをかけるという黒さ。

反対にバスケの花形選手であるディマーカスは優遇され、

評判を落とさないよう手を回す、名門高校の闇を垣間見たような気になります。

ソーシャルメディアの闇・闇・闇!

インスタ極めまくってる、ジェナみたいな女の子って沢山いますよね。(やっぱプロのカメラマン使ってるのか。)

でも、写真で見る完璧なリア充ライフの多くは作り物。デジタルで人とのつながりを感じているようで、実は孤独感は増しているのですね。

そんな孤独につけこまれ、SNSのなりすましに恋をして、まんまと犯行に及んでしまった3人の生徒の行動は、まさに現代の若者の心理を映しているのでしょう…。

サムの「poop is funny(ウン○は面白い)」という発言がありましたが、

本作は一見笑えるウン○事件から社会問題に切り込み、

SNSで見せる偽りの姿の「裏側は "クソ" だらけ」という強いメッセージ性を放つ、

まさに新しいタイプの社会派ドラマ。(モキュメンタリーであり、コメディでもあるわけですが。)

インスタに夢中な10代への警鐘として、同世代の若者こそ見た方が良いでしょう。

twist(意外な展開)が上手い!

何気なく紹介された人物が、のちに重要な存在として出てくる。

さりげなく散りばめたヒントが、後になって利いてくる。

そして、どんでん返し。

構成がスマートで見応えありますわ~。

ケヴィンが実行犯の1人というのは大してサプライズではありませんでしたが、

そこまでの導き方が非常に上手かったと感じています。

とにかく演技が素晴らしい!

シーズン1に引き続き、キャストの演技が素晴らしかったです!

クリエイターも今の10代の特徴や傾向をうまくとらえて脚本に落とし込んでいるので、

現実にあり得る高校生同士の掛け合いと、キャストのものすごく自然な演技が合わさって、

改めて本当にドキュメンタリーのようだと感服しました。

シーズン3は?

現時点でシーズン3の製作はアナウンスされていませんが、今回もまた高い評価を受けているので、きっと更新されるでしょう。

2シーズンではまだまだ見足りないので、来年のリリースに期待したいと思います!

 

◆シーズン1の感想はこちら◆

www.kaigai-entertainment-journal.com

Photo courtesy of Netflix via IMDb